蒼天航路読破!

大好きなブランドやゲームなどをご紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

世界中と繋がる『ポケモンDP』


海外版の「ポケモン」はその国の名前になっているぞ!
 プレイヤー同士で自分のポケモンのトレードが行なえるコトブキシティの施設「グローバルトレードステーション(GTS)」。GTSでは、自分が欲しいポケモンの条件を設定し、交換相手を探すこともできる。
 海外版の登場により、GTSで海外版のポケモンを見つけた場合でも海外のプレイヤーとポケモンの交換が行なえるようになった。海外版と交換した場合、その国のポケモン名、ニックネームで交換される。
 例えば「ピカチュウ」なら「PIKACHU」、「ゴンベ」なら「MUNCHLAX」となっている。また、海外版では名前が最大10文字まで入力可能となっているのも海外版ならではの仕様だ。海外版から交換で手に入れたポケモンの一部は、ポケモンずかんの説明文が海外の言葉で見られるようになる。外国語の説明文が収録されているポケモンは、「ピカチュウ」、「コイキング」、「ソーナンス」をはじめとする計14種類。
 さらには海外版のポケモンを育てるメリットも用意されている。交換してもらったポケモンを育てた場合は、自分で捕まえたポケモンより早く育つが、交換してもらったポケモンが海外版だったときは、さらに早く育て上げることができるのだ。


マーベル アルティメット アライアンス
憧れのドリームチームが現実に。スパイダーマン、ウルヴァリン、ザ・シング、キャプテン・アメリカン、エレクトラ、ソーなど
シャイニングウィンド
夢幻大陸エンディアスを舞台に3人の剣士を描くRPG。
カスタムビートバトル ドラグレイド
音とバトルが融合した新感覚バトル、それが「ドラグレイド」
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。